本文へ移動

シーリング防水工事

シーリング防水とは

シーリング工事とは、外壁のボードとボードのつなぎ目(隙間)をシーリング材で埋める工事です。
この他、サッシの金具と壁のつなぎ目などにも行われます。
シーリングをする目的は、つなぎ目から侵入する「雨漏りを防ぐ防水性」と地震などにより建物が揺れた際に「伸縮性により建物を守る耐震性」にあります。
 
同じ建築材料の場合でも、季節や昼夜の温度差による伸縮や、地震や風圧による振動のしわ寄せで、部材にヒビ割れや浮きがくるのを防ぐ為、前もっていくつかに分割し縦横に必要な隙間を空けて取り付けます。この隙間を「目地」と呼びます。この目地に伸縮や揺れを吸収できるゴム状の材料を詰めるのも、シーリング工事です。
 
建築シーリング工事は、隙間を埋める事により、建築物への雨水の浸入と、室内への外気の侵入を防ぎ、快適な居住空間を保つ目的があります。雨水浸入による部材の腐食を防止し、建物の寿命を延ばす効果があります。また、建築物を一体化させる事により、美的外観を高めることができます

施工事例

施工前
施工後
施工前
施工後
施工前(撤去)
施工後

有限会社斎藤防水工業
〒770-0802
徳島県徳島市吉野本町
6丁目9番地
TEL.088-622-2931
FAX.088-653-4259

徳島県知事許可
(般-26)第1473号


◆ 防水工事
◆ 塗装工事
◆ コーキング工事
◆ 外壁補修工事
◆ 注入工事
◆ 防水工事施工
◆ 各種防水材料販売など



0
0
0
3
9
9
TOPへ戻る